こだわる男のためのおすすめオーダースーツ専門店16選|東京版 » イギリスの生地メーカー » ダンヒル|dunhill

ダンヒル|dunhill

ダンヒルは、イギリスを拠点としているファッションブランドで、スーツからカジュアルまでの紳士服を主に展開しているほか、時計やバッグ、アクセサリーといったファッション小物も扱っています。

ダンヒルの歴史

ダンヒルの歴史は、アルフレッド・ダンヒル(Alfred Dunhill)が1880年代に父の働く馬具用品の製造会社で働き始めたことからスタートします。21歳で父の会社を引き継いだ後、自動車が普及していった時代背景に沿って、オープンカーでも使えるコートやゴーグル・レザー製品といった関連商品を作るようになります。新しい事業展開が大成功を収めたのち、ライターやタバコ関連の製品を販売なども始め有名になります。

1930年代に入ると、ダンヒルは新商品の展開を積極的に行い、更に広がりをみせていきます。新しく開発された万年筆や化粧品関連の商品は次々にヒットとなり、ついには皇室御用達ブランドに認定されるまで成長を遂げます。

1950年代、ダンヒルは数ある製品の中でも革命的といわれる「ローラガスライター」を発明しました。このライターは、今までになかった片手で着火できるタイプで、ダンディズムに憧れる当時の男性たちを魅了しました。

1970年代に紳士服の販売をスタートさせたのち、ヨーロッパを中心に展開しているメンズブランドのハケット ロンドン(HACKETT LONDON)を買収します。その後ブランド創立100周年を迎えた1993年の年には、スイスと本拠地として多くのファッションブランドを傘下に置く、リシュモングループに加わり、アパレルブランドとしての地位を確立していきます。

現在ダンヒルは、紳士服・メンズスーツ・カジュアルウェアをはじめ、ネクタイ・カフス・バッグ、ベルト・財布・時計などのアクセサリー関連商品などを、ミレニアル世代をターゲットにし幅広く展開しています。

東京で人気の
オーダースーツ専門店3選

ダンヒルの特徴

デザイン

イギリスに本社を置くダンヒルですが、現在では生地を生産する工場は保有しておらず、世界中から選りすぐりの素材を取り寄せています。

ラグジュアリーブランドとして世に君臨するブランドならではの高品質な生地は、かの有名なエルメネジルド・ゼニア、ロロピアーナと並ぶ高級テーラーが使用する生地ブランドとして知られています。

生地の傾向は全体的に柔らかすぎず適度なハリがあり、風合い・美しい艶・豊かなドレープ感があります。品格のある落ち着いた色味や流行に左右されない定番の柄が特徴で、普遍的な価値を求める顧客に人気です。 またダンヒルは日本のサッカー界とも深いつながりがあります。

2000年から毎年、サッカー日本代表のオフィシャルスーツを手がけてきたダンヒルですが、その歴史を振り返ってみるとブランドのこだわりが見えてきます。

2010年度のオフィシャルスーツは、男性的なからだの動きや表情をゆたかに見せる代表的なシルエット「St. James fit(セントジェームスフィット)」を採用しており、袖裏はチェックの生地に切り替えるなど、見えない部分にも遊び心が盛りこまれたスタイル。

2014年のFIFAワールドカップブラジルが開催された年のオフィシャルスーツは、着心地の良いSuper100sのウール生地で作られた、深いネイビーとライトブルーが爽やかな生地、イギリス伝統のプリンス オブ ウェールズチェック。ダンヒルらしい品格と着心地の良さが伺えます。

2017年度のコンセプトは数年間引き継がれてきた“MADE TO MATCH(ぴったりと仕立てられた)”。ジャケットはネイビーをベースにグレイの直線を配置したチェック柄にシングル2つボタンを合わせたデザイン。

セント・ジェームス(St. James)と呼ばれるダンヒルの代表的なシルエットにより、男性らしさとチェック柄の爽やかさを演出しています。

このように過去のSAMURAI JAPANのオフィシャルスーツをチェックし、ダンヒルの持つ普遍的な美しいスーツのフォルムや、生地の仕立てなどを参考にしてみるのもいいでしょう。

気候

Super120、Super110など細いウールにモヘア(山羊)の毛を混ぜたものがラインナップされており、高温多湿な日本の夏にお勧めの素材です。雨の多い季節でもべたつかず、さらにシワになりにくいのも特徴です。

ダンヒルの種類

SUMMER KID MOHAIR サマーキッドモヘア

軽くハリがあり、清涼感がある生地。高温多湿の日本の夏に向いています。

SUPER FINE WOOL スーパーファインウール

日光を反射し、冷却効果がある生地。通気性・耐久性にも優れ、美しい光沢と発色の良さが特徴。

NANO FINISH ナノフィニッシュ

高品質なSuper120s’、Super100s’の繊維で織られた服地に、微細なナノレベルフィニッシュ加工を施したもの。撥水性・撥油性に優れています。

ダンヒルを扱っているショップ

Ginza SAKAEYA 銀座店

東京都中央区銀座5-7-6大黒屋ビルヂング4F

03-3289-5764

Ginza SAKAEYA 東京駅店

東京都中央区八重洲1-6-1

03-5204-0640

Ginza SAKAEYA 新宿店

東京都新宿区3-3-3恩田セントラルビル5F

03-3341-3335

TAGARU(代官山店)

住所:東京都渋谷区猿楽町26-2 sarugaku-e棟 1F

電話番号:03-5428-6020

TAGARU(恵比寿店)

住所:東京都渋谷区恵比寿西1-4-11福隆ビル2F

電話番号:03-6427-8655

DANKAN(三軒茶屋店)

住所:東京都世田谷区太子堂2-17-10 FAMビル1F

電話番号:03-5433-0802

DANKAN(吉祥寺店)

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-24 HALビル1F

電話番号:042-228-6740

DANKAN(八重洲店)

住所:東京都中央区京橋1-4-13 セントラル京橋ビル1F

電話番号:03-6225-2786

DANKAN(神田店)

住所:東京都千代田区内神田3-4-10 氏家ビル1F

電話番号:03-5298-6025

DANKAN(新橋店)

住所:東京都港区西新橋1-16-4 福神ノアックスビル1F

電話番号:03-5510-6815

DANKAN(池袋東口店)

住所:東京都豊島区東池袋1-9-8東葉ビル

電話番号:03-5944-9928

テーラーフクオカ (銀座店)

住所:東京都中央区銀座8-6-15 銀座グランドホテル1F

電話番号:03-3289-1529

テーラーフクオカ (新宿センタービル店)

住所:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿西口センタービルMB1F

電話番号:03-3346-1358

テーラーフクオカ (青山店)

住所:東京都港区南青山1-1-1 新青山ビルディング西館1F(青山ツインビル)

電話番号:03-3402-5931

テーラーフクオカ (吉祥寺店)

住所:東京都武蔵野市吉祥寺東町1-1-6

電話番号:0422-22-9765

       デキる男は生地にもこだわる! 【予算別】東京でおすすめの
オーダースーツショップ3選
【3~5万円】
厳選された生地の中から
予算少なめで
オシャレスーツを作るなら
DIFFRENCE
DIFFRENCE公式HP
引用元: DIFFRENCE公式HP
https://difference.tokyo/
取扱
生地数
300点(現物)
主な取扱生地ブランド
REDA
MARZOTTO
DIFFRENCEの
公式HPで仕立てを
確認する

電話で
相談してみる

【6~10万円】
13,000種類以上の豊富な
生地とオプションなど
デザインこだわるなら
TAGARU
TAGARU公式HP
引用元:TAGARU公式HP
https://www.tagaru.jp/
取扱
生地数
13,000点以上
主な取扱生地ブランド
CANONICO
LORO PIANA
TAGARUの
公式HPで仕立てを
確認する

電話で
相談してみる

【10~20万円】
高級生地ゼニアの
最新モデルの生地を使い
オーダースーツを作るなら
Ginza SAKAEYA
Ginza_SAKAEYA公式HP
引用元:Ginza SAKAEYA公式HP
http://www.zds.cc/ginza/
取扱
生地数
500点
主な取扱生地ブランド
Ermenegildo Zegna
Dunhill
Ginza SAKAEYAの
公式HPで仕立てを
確認する

電話で
相談してみる